発見!自分で治す坐骨神経痛

医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治した方法を紹介しています。

発見!自分で治す坐骨神経痛 その2

みなさんこんにちわ

発行人のフジゲンです。

このブログは僕が医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治した

方法を紹介するものです。

坐骨神経痛で苦しんでいる方のお役に立てればうれしく思います。

 

発見!自分で治す坐骨神経痛 その2

 

みなさんはじめまして!

発行人のフジゲンと申します。


このブログは手術をしなければならなかったほど
悪化した坐骨神経痛を自分で治した方法を

紹介しています。

 

さてここで「腰」という字の意味を考えてみましょう。

「腰」という字は「月」と「要」(かなめ)という字の

組み合わせでできています。

体の他の部位で「月」の文字が入っている器官、臓器を

調べてみると脳、心臓、肝臓、肺臓、腎臓、脾臓

胆のう、膵臓、膀胱、胃、腸、骨、など数多くあります。

このように「月」という文字は体の重要な器官、臓器などの

多くに「月」の文字が使われています。

なぜこのように「月」の文字が使われているのでしょうか?

実は「月」は人間の生体に重要な影響を与えているのです。

先人はこのことをよく知っていたのです。

人間の体は強く「月」の影響を受けているのです。

たとえば、日常生活の中で人が生まれてくる時間帯は潮の

満潮時が多く、また老衰や病気などで亡くなる人は

 干潮時に多いことは昔から知られています。

潮の満潮、干潮はすべて「月」の作用によるものです。

「月」の周期は28日です。この周期は人間の生体周期にも強く

影響しています。

「月」が動物の生態系に深く関与している例はこれ以外にも

たくさんありますがここでは本題ではないので省きます。

このように「月」という文字は体の重要な部位で

多く使われているのです。

その中でも特に「腰」という字は「月」に「要」(かなめ)

という文字が入っているように、非常に

大事な意味があることがわかります。

さて、「月」が体に重要な影響を与えていることが

わかったところで本題にはいります。

僕は会社員のある日突然に坐骨神経痛を発症し、

一時、歩けなくなるほどにひどい状態になりました。

20年ほど武道をやっていましたのでその影響かとも

思いました。

あまりにも痛く原因がわからなかったので医者に診てもらった

 ところ脊柱管狭窄症からくる坐骨神経痛と診断されました。

その時初めて坐骨神経痛は病名ではなく症状ということを

知りました。

坐骨神経は腰からお尻を通って足先まで伸びる神経です。

この神経が何らかの原因によって圧迫され、

刺激を受けたりして痛みを生じる症状です。

では、坐骨神経痛を引き起こす原因は何があるかというと、

そのほとんどが加齢からくる脊柱管狭窄症です。

データーによると40~50歳ぐらいから多くなっています。

比較的若い人の場合は椎間板ヘルニアも発症の原因になります。

それではこの続きは次回紹介致します。

 

 参考

腰痛おじさんんの大発見!

何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛

自分で治す方法を発見した

http://ojisan.jounin.jp/